審査なしでお金を借りる

審査なしでお金を借りる!?

キャッシングで今すぐお金を借りたいときは、申込をすれば審査がおこなわれ、審査によって融資限度額が決まったり、場合によっては審査にとおらないことがあります。
審査は見ず知らずの他人に無担保でお金を貸すので「お金を貸しても返済できるかどうか」ということが最重要項目になり、もちろんその為に収入がなければ利用できませんし、審査を受けずに融資を受けることはできません。
しかし、お金を借りる方法として審査を受けずにキャッシングをする方法があります。

 

[クレジットカードでキャッシング]

クレジットカードは本来ショッピングをしたり、食事をするときに利用するカードでしたが、最近はキャッシングもできるようになり、既にカードを持っておられるかたは何もしなくても自動的にキャッシング枠が付加されています。新しく申込をするときは借入希望額とキャッシングの利用額を申込むようになっており、この場合はショッピング枠とキャッシング枠の審査を受けることになりますが、すでにもっておられるかたは審査を受けなくてもキャッシングが利用できます。

 

[クレジットのキャッシング枠]

クレジットカードをお持ちのかたはすでに利用限度額が決まっていると思いますが、その利用限度額の枠内でショッピング枠とキャッシング枠があります。
私の場合ですが、利用限度枠が50万円で40万円のキャッシング枠が設定されていました。
このような場合、キャッシングでお金が借りられるのは40万円までになり、40万円借りると残りの10万円がショッピング枠で使えます。
またキャッシングを20万円利用すると、ショッピングで利用できるのは30万円までになります。

 

[海外旅行でキャッシング]

キャッシングカードは海外で利用できませんが、クレジットカードなら海外でもキャッシングが可能で、海外で利用できるATMは数多くあるので旅行に行く前に両替をして現金を持っていく必要もありませんし、現地での両替も手数料がかかりますが、クレジットカードのキャッシングを利用すれば手数料を安くおさえられます。

 

海外旅行は行先によって治安が悪いところもあり、クレジットカードを持っていれば現金を持ち歩く必要もないので安心して旅行が楽しめるでしょう。

保証人なしでお金を借りるには?

 

キャッシングの利用者は現在1,400万人とも言われており、利用者がこれだけ増えた理由として、マイホームローンやマイカーローンのように保証人や担保を必要とせず、自分の信用だけでお金を借りることができることだといえます。

 

[保証人とは]

「保証人」とは、お金を借りた人が何らかの事情でお金が返せなくなったときや、自己破産してしまったり、行方不明になってしまったとき、本人から回収できなくなったときに保証人に支払いを求められますが、よほどのことがないかぎり請求されることはありません。
「連帯保証人]は、借りた本人と同じ扱いを受ける保証人のことで、自分が借りていなくても自分が借りたのと同じ扱いになります。
仮に借りた本人が遅延などを起こしても連帯保証人になった人に請求されることがあります。

 

[キャッシングが無担保で利用できるのは]

消費者金融の始まりは大阪が最初といわれ、当時はサラリーマンを対象にした「勤め人信用貸し」「団地金融」とも呼ばれていました。
当時のサラリーマンは終身雇用で将来の収入も保証されていることや、団地住まいは相当な年収が必要で、団地に住む人は信用度が高く「担保や保証人がなくても返してくれる」ということから担保が「物」から「信用」へと変わり、無担保で貸出しをはじめました。
現在はサラリーマンだけでなく、あらゆる就業形態の利用者が増えたため、申込者の信用度を調べるるために審査がおこなわれ、審査に通れば即日融資でお金を借りることも可能になっています。

 

[審査でおこなわれること]

キャッシングは見ず知らずの人に無担保でお金を貸すため、審査で「申込者に貸したお金の返済能力が有るかどうか」を判断するために審査をおこないます。審査は申込書に記入したすべての項目と、信用情報機関の個人情報をもとに入念にチェックし、融資をしても問題ないかどうかを判断します。
そのため、申込は簡単ですが申し込んだからといってすべての人が利用できるものではありません。
審査の結果次第で希望通りに借りられたり、希望額を下げられたり、場合によっては断られることもあります。

 

しかし、審査と言ってもそれほど厳格なものではなく、給料をもらって普通の生活をしていればまず落とされることはないので心配することはありません。