審査なしでお金を借りる!?

キャッシングで今すぐお金を借りたいときは、申込をすれば審査がおこなわれ、審査によって融資限度額が決まったり、場合によっては審査にとおらないことがあります。
審査は見ず知らずの他人に無担保でお金を貸すので「お金を貸しても返済できるかどうか」ということが最重要項目になり、もちろんその為に収入がなければ利用できませんし、審査を受けずに融資を受けることはできません。
しかし、お金を借りる方法として審査を受けずにキャッシングをする方法があります。

 

[クレジットカードでキャッシング]

クレジットカードは本来ショッピングをしたり、食事をするときに利用するカードでしたが、最近はキャッシングもできるようになり、既にカードを持っておられるかたは何もしなくても自動的にキャッシング枠が付加されています。新しく申込をするときは借入希望額とキャッシングの利用額を申込むようになっており、この場合はショッピング枠とキャッシング枠の審査を受けることになりますが、すでにもっておられるかたは審査を受けなくてもキャッシングが利用できます。

 

[クレジットのキャッシング枠]

クレジットカードをお持ちのかたはすでに利用限度額が決まっていると思いますが、その利用限度額の枠内でショッピング枠とキャッシング枠があります。
私の場合ですが、利用限度枠が50万円で40万円のキャッシング枠が設定されていました。
このような場合、キャッシングでお金が借りられるのは40万円までになり、40万円借りると残りの10万円がショッピング枠で使えます。
またキャッシングを20万円利用すると、ショッピングで利用できるのは30万円までになります。

 

[海外旅行でキャッシング]

キャッシングカードは海外で利用できませんが、クレジットカードなら海外でもキャッシングが可能で、海外で利用できるATMは数多くあるので旅行に行く前に両替をして現金を持っていく必要もありませんし、現地での両替も手数料がかかりますが、クレジットカードのキャッシングを利用すれば手数料を安くおさえられます。

 

海外旅行は行先によって治安が悪いところもあり、クレジットカードを持っていれば現金を持ち歩く必要もないので安心して旅行が楽しめるでしょう。

保証人なしでお金を借りるには?

 

キャッシングの利用者は現在1,400万人とも言われており、利用者がこれだけ増えた理由として、マイホームローンやマイカーローンのように保証人や担保を必要とせず、自分の信用だけでお金を借りることができることだといえます。

 

[保証人とは]

「保証人」とは、お金を借りた人が何らかの事情でお金が返せなくなったときや、自己破産してしまったり、行方不明になってしまったとき、本人から回収できなくなったときに保証人に支払いを求められますが、よほどのことがないかぎり請求されることはありません。
「連帯保証人]は、借りた本人と同じ扱いを受ける保証人のことで、自分が借りていなくても自分が借りたのと同じ扱いになります。
仮に借りた本人が遅延などを起こしても連帯保証人になった人に請求されることがあります。

 

[キャッシングが無担保で利用できるのは]

消費者金融の始まりは大阪が最初といわれ、当時はサラリーマンを対象にした「勤め人信用貸し」「団地金融」とも呼ばれていました。
当時のサラリーマンは終身雇用で将来の収入も保証されていることや、団地住まいは相当な年収が必要で、団地に住む人は信用度が高く「担保や保証人がなくても返してくれる」ということから担保が「物」から「信用」へと変わり、無担保で貸出しをはじめました。
現在はサラリーマンだけでなく、あらゆる就業形態の利用者が増えたため、申込者の信用度を調べるるために審査がおこなわれ、審査に通れば即日融資でお金を借りることも可能になっています。

 

[審査でおこなわれること]

キャッシングは見ず知らずの人に無担保でお金を貸すため、審査で「申込者に貸したお金の返済能力が有るかどうか」を判断するために審査をおこないます。審査は申込書に記入したすべての項目と、信用情報機関の個人情報をもとに入念にチェックし、融資をしても問題ないかどうかを判断します。

 

そのため、申込は簡単ですが申し込んだからといってすべての人が利用できるものではありません。
審査の結果次第で希望通りに借りられたり、希望額を下げられたり、場合によっては断られることもあります。

 

しかし、審査と言ってもそれほど厳格なものではなく、給料をもらって普通の生活をしていればまず落とされることはないので心配することはありません。

 

お金を借りる人が知っておくべきリスク

土地や家、車などを担保にしてお金を借りることもあるかもしれませんが、土地などを担保に入れお金を借りたものの支払いが長期間滞ってしまうと差し押さえられる、金融機関に所有権が移ってしまう、即ちきちんと返済していくことが出来なければ大切な土地や家などを手放さなくてはならなくなります。

 

例えば家を取られてしまっては住むところがなくなるわけですから、大変ですよね。競売にかけられてから慌てても後の祭りです。もちろん、お金を借りる人は、きちんと返済していくことを前提に融資申込みをするものですが、何ヶ月支払いが滞ると差し押さえになるか?などについても申込み&契約前にしっかり確認しておきましょう。

 

それから、車を購入する場合にもお金を借りることがあると思いますが、その場合使用者は購入者(ローン契約者)、所有権は金融機関という形をとるのが一般的で完済できた時に初めて所有権が金融機関から購入者へ変更されるケースが多いです。即ち、ローンを払い終えるまでは自分の車であって、自分の車でないようなものですからローン途中で車を買い替える、売却するとなると手続きも非常に面倒で、これもリスクのひとつといえるでしょう。

 

車を買う時に、ローンを組むとなると少しでも低金利のところで!と考える方が多く所有権のことなど頭にない方も多いかもしれませんが、完済するまで「所有権」が金融機関にあることで生じえるリスクについても事前に確認しておくことは大切なことです。

 

キャッシングカードやカードローンを利用して個人がお金を借りる場合は、原則保証人&担保不要となっています。しかし、銀行や国金などへ融資を申し込んだ場合、貸し付け条件として保証人・連帯保証人が必要となることがあります。

 

借主本人の返済能力に若干の不安がある、高額な借入れで返済期間が長期化するため完済までに借主の金融事情がどう変化するかわからない?……など保証人・連帯保証人をつけなくてはならない理由は色々とあるようですが、融資金額が高額になればなるほど保証人・連帯保証人が必要となってきます。(保証人を必要としない場合は保証人が必要となる融資と比べ融資金額は小さめ、審査は厳しめの傾向があります)

 

改めていうまでもありませんが、借主が返済を滞ってしまう・返済を続けることが出来なくなってしまった場合、借主に代わって保証人が返済することになります。ですからきちんと返済を続けることが出来なければ、保証人に多大なる迷惑をかけることになります。これは、保証人・連帯保証人を必要とする融資における最大のリスクでありお金を借りる人にとって絶対に避けなくてはならないことでもあります。

 

また、一言に保証人・連帯保証人といっても誰でも良い訳ではありません。借入れ希望額に対して返済能力ある、と認められた人物でなくては保証人になることはできません。金融機関・国など貸出を行う機関では当然保証人に対する審査も行うので、それ相応の保証人を立てる必要があります。

 

保証人・連帯保証人を必要とする融資は、保証人不要・担保不要の融資とは違いともすれば他人様に迷惑をかけることになりかねません。お金を借りる人・借りたいと考えている方の多くは(特にまとまったお金が必要な時には)少しでも金利の低いところから借りたい・可能であれば銀行や国金から借りたい、と考えることと思います。

 

ですが、金利の低さだけを追い求めるのではなく支払いが滞ってしまった場合には保証人・連帯保証人に迷惑をかけるリスクがある、ということを念頭にきちんと返済計画を立て返済可能か?万が一返済が遅れそうになった時には資産を手放すなどお金を作る方法があるのか?など保証人に迷惑をかけないで済む最終手段を持っているか?融資申し込み前に一度冷静になって考えてみる必要があります。

 

そして、返済に無理がある、お金に変えることが出来る資産もなく100%保証人・連帯保証人に迷惑かけない、という自信がないというのであれば、多少金利が高くなる、審査も厳しくなるのを覚悟の上保証人を必要としないお金の借り方を選択すべきだと筆者は考えます。

 

ちなみに、「融資を実行するためには保証人が必要」といわれた場合、身内や知り合いに「保証人になって欲しい」頼む、という方が多いと思います。ですが、万が一返済できずに保証人に肩代わりしてもらうようなことになってしまうと多大な迷惑をかける・保証人の人生まで狂わせてしまうことになるかもしれません。また、人間関係に亀裂が生じる・信頼を損ねることになりかねないので十分注意が必要です。